주 메뉴 바로가기 본문으로 바로가기

都市開発
セマングムの 陸上太陽光 セマングムの 陸上太陽光
観光開発 観光開発
新事業開発 新事業開発

主な事業

都市開発

Detail
セマングムの 陸上太陽光

主な事業

セマングムの 陸上太陽光

Detail
セマングムの 陸上太陽光
観光開発

主な事業

観光開発

Detail
観光開発
新事業開発

主な事業

新事業開発

Detail
新事業開発

SC NEWS

더보기

公知事項

セマングム開発公社、4年連続で 「人権経営システム認証」を獲得

セマングム開発公社、4年連続で「人権経営システム認証」を獲得内部役職員を超え、外部利害関係者の人権尊重をも実現□ セマングム開発公社(社長職務代行イ·ジョンヒョン、以下「公社」という)は、国土交通部傘下のその他公共機関の中で初めて4年連続「人権経営システム認証」を獲得したと8日明らかにした。 ※人権経営システム認証とは、組織の人権経営を体系的に管理するための方針及び目標を定めその実行のための要件を備えた体系を、第三者が審査を通じて認証する制度。□ 2020年に人権経営を導入した公社は、人権経営宣言をはじめ人権経営委員会の運営や人権経営マニュアルの制定など人権侵害予防のための経営体系を構築してきた。 ㅇ 特に今回の審査では、人権教育やサプライチェーンモニタリングなどを通じて、内部の職員だけでなく外部の利害関係者の人権尊重実現にも努めている点で高い評価を受けた。□ イ·ジョンヒョン社長職務代行は「今回の人権経営システム認証は、人権尊重文化を造成するための先導的な努力に対する成果」と述べ、「セマングム地域に人権文化が定着していけるよう最善を尽くしていきたい」と語った。

2023-12-20

公知事項

セマングム開発公社、地域社会貢献認定機関に選定

セマングム開発公社、地域社会貢献認定機関に選定□ セマングム開発公社は「2023年地域社会貢献認定制」認定機関に選ばれたことを明らかにした。ㅇ 「地域社会貢献認定制」とは、保健福祉部と韓国社会福祉協議会が共同で主管する、地道な地域社会貢献活動を展開した機関を発掘して地域社会の福祉増進に貢献した活動を認める制度である。□ セマングム開発公社は、地域社会のための活動として、地域内における環境浄化活動や児童福祉施設への支援、社会的弱者への支援、海洋関連機関との合同ボランティア活動など、社会貢献活動を着実に進めてきた。ㅇ 特に、地域社会と共に成長していくための共生·協力活動として自立を準備している青年への支援事業や地域経済活性化事業、飼料作物事業などを進め「2023年地域社会貢献認定機関」に選ばれた。□ セマングム開発公社のイ·ジョンヒョン社長代行は「公共機関としての責任を果たすために様々な社会活動を繰り広げてきましたが、それが地域社会から認められることになり非常にうれしい」と述べ、「今後も持続的な社会貢献活動を通じて地域社会の福祉増進のために努力していきたい」と意欲を語った。

2023-12-20

公知事項

セマングム初の都市「スマート水辺都市」都市基盤造成工事に本格着手

セマングム初の都市「スマート水辺都市」都市基盤造成工事に本格着手- 道路や上下水道など基盤施設造成工事に対する安全工程報告会を開催□ 12月5日、セマングム開発庁(庁長キム·ギョンアン)とセマングム開発公社(社長職務代行イ·ジョンヒョン、以下「公社」という)は、「セマングムスマート水辺都市(第1工区)」の都市基盤施設造成工事に対して重大事故など各種災害を予防するための安全工程報告会を開催し、本格的な工事が着工したことを明らかにした。 ㅇ 迅速な事業推進により水辺都市の全面積6.6㎢に対する埋立工事を2020年12月に着工し、当初の実施設計に比べて4ヶ月短縮することで早期完了(2023年6月)、その後、設計の検討と補完を経て11月に造成工事発注契約を完了した。□ 第1段階として水辺都市の第1工区2.7㎢に対する造成工事を通じて上·下水道や進入のための橋梁、道路舗装など主要基盤施設が設置される予定であり、不動産市場の状況などを考慮して、2024年から段階的に土地供給を始める計画で、2027年頃には初入居が行われる見通しだ。□ セマングム初の都市となるスマート水辺都市は、総事業費約1兆3千億ウォンを投入しセマングム複合開発用地内に6.6㎢規模の都市として造成され、都市全体が水辺と緑地が循環する体系を構築してセマングム内の企業従事者と入居者のための快適な定住環境を整えるよう造成される予定だ。 ㅇ 特に、企業の背後支援や水路特化、炭素中立など都市開発戦略により企業従事者の生活様式を考慮したオーダーメード型住宅を供給し、水辺に特化した空間を構成するなど暮らしやすい都市として造成していく計画だ。□セマングム開発庁のキム·ギョンアン庁長は「近ごろセマングムに多くの企業が集まるなど新しい転換期を迎えている状況で、水辺都市が入居者と企業従事者に最適な定住条件と住居機能を提供するなど、魅力的な都市として造成されるよう関係機関と協力していきたい」と語った。□ セマングム開発公社のイ·ジョンヒョン社長職務代行は「水辺都市の造成が本格化するにつれ、セマングム初の都市を、誰もが住んでみたい名品都市として造成する速度を速めたい」と述べ、現場関係者らに「徹底した現場の品質・安全・環境管理と共に迅速な敷地造成がなされるよう努力してほしい」と望んだ。

2023-12-20

公知事項

セマングム開発公社、第16回大韓民国 コミュニケーションアワード受賞

セマングム開発公社、第16回大韓民国コミュニケーションアワード受賞双方向コミュニケーションチャンネル運営でソーシャルメディア大賞受賞□ 22日、セマングム開発公社がソウル光化門プレスセンターで開かれた「大韓民国コミュニケーションアワード」において公共部門ソーシャルメディア大賞を受賞した。 ㅇ 大韓民国コミュニケーションアワードとは、(社)韓国インターネットコミュニケーション協会が主管し、科学技術情報通信部や放送通信委員会などが後援するイベントで、毎年、公共機関と企業のデジタルコミュニケーション、コンテンツ競争力、運営能力を評価して賞を授与している。 □ 公社のソーシャルメディアチャンネルは、コミュニケーション満足度(ICSI)とコンテンツ競争力指数(CQI)で高い評価を受け、総合指数82.64点、AAA等級を受けた。 ㅇ 公社は、ブログ・インスタグラム・フェイスブック・ユーチューブの計4つの公式チャンネルを運営しており、様々な市民参加プログラムの推進を通じて国民との疎通を図り、公社キャラクターを活用したコンテンツ製作とイベント参加で身近な公社イメージを構築している。 □ 公社は、今後もソーシャルメディア運営に国民との双方向コミュニケーションを最優先順位として置き、国民が必要とするセマングムの情報を迅速かつ正確に提供することで、公企業としての役割に最善を尽くしていく計画だという。

2023-12-20

公知事項

セマングム開発公社 「2023スマート国土エキスポ(Smart GEO Expo)」に参加

セマングム開発公社「2023スマート国土エキスポ(Smart GEO Expo)」に参加セマングムスマート水辺都市の革新ソリューションを披露する場を用意□ セマングム開発公社は、11月8~10日の3日間開催される「2023スマート国土エキスポ(Smart GEO Expo)」に参加し、セマングムに建設される初の都市「セマングムスマート水辺都市(以下、「水辺都市」という)」に導入されるスマートシティとしての要素を披露する予定だ。 ㅇ 国土交通部が主催する「2023スマート国土エキスポ(Smart GEO Expo)」は、空間情報産業の発展と共にするアジア最大規模の空間情報技術交流博覧会で、空間情報の新技術および他産業との融合·複合活用技術のトレンドをテーマとして展示やカンファレンスおよびそれに伴うプログラムが進められ、国内外の主要バイヤーと産業体とのビジネスマッチングを活性化して様々な分野の人々が自由に情報を共有するイベントである。□ 水辺都市がセマングムのFirst City(初の都市)として競争力を確保できるよう、スマートサービス導入によって潜在力を最大化し、地理的限界等を克服できる都市を造成すべく、▲スマートインフラ、▲スマートモビリティ中心の「セマングム・ウィコネクトシティ(We-Connect City)」というビジョンで、近づきつつあるスマート未来都市を具現化する計画だ。 ㅇ 変更される開発コンセプトに合わせて、水辺都市の防犯·防災·安全問題を事前に予防するインフラの構築、民間企業の投資誘致を図り、様々なモビリティ手段の実証空間(Test-Bed)の提供、モビリティ関連公募事業への積極的な参加を通じて様々なスマート技術を検討し、水辺都市に導入する予定である。□ セマングム開発公社のイ·ジョンヒョン取締役職務代行は「今回の「2023スマート国土エキスポ(Smart GEO Expo)」を機に水辺都市スマートシティに対して一歩さらに前進し、セマングム内部の都市開発事業促進と企業の投資誘致安定化を図りたい。」と抱負を語った。添付:関連写真1部.

2023-11-30